飲む日焼け止めはいつ飲めば良い?使用タイミングの目安

サプリメントの魅力は、薬のように飲む時間が決められておらず、好きな時に飲めるところです。しかし、飲む日焼け止めに関してはいつ飲んでも効果が得られるというわけではありません。
商品によって時間は異なりますが、基本的に使用タイミングというのが決まっているので、必ず順守しましょう。

 

使用タイミングの目安は、主に外出する(紫外線に当たる)30分から1時間前です。たまに口コミなどで「効果がなかった」「日焼けしてしまった」という意見がありますが、これは使用するタイミングが遅かった可能性があります。

というのも、飲む日焼け止めに含まれる紫外線に対する効果が現れるまでは、ある程度時間がかかるのです。効果が出るまでの時間には商品ごとに違いがあるものの、飲んですぐ効くというものはありません。
経口摂取した成分は、消化器官で分解されてから血中に取り込まれて全身へと送られていきます。普通に考えれば分かることですが、消化吸収、分解が数分で終わることはありません。
血液のめぐりは全身で1分ぐらいですから、血中に取り込まれればすぐに効果を発揮し始めるものの、それまでにタイムラグがあるのです。

 

この飲むタイミングを間違ってしまったら、どんなに効果がある商品であっても紫外線の影響を避けることはできません。飲む日焼け止めは、塗るタイプの日焼け止めよりもコスパがかかるものもありますから、タイミングを間違えるのはよりコスパを悪くします。
ですので、使用する前にしっかり取り扱い説明書を読んで使用タイミングを確認し、きちんと守って飲みましょう。