セフレの作り方

モテない男でも援交からセフレを作れる

投稿日:

一昔前までは、セフレや愛人を作るというのは、イケメンなど一部の男性だけに許された特別なことだったのかもしれません。しかし、今ではスマートフォン1台さえあれば大抵の男性はセフレを作ることは簡単にできます。ただ、こういうことをあまり知らない男性もまだ多いようなので、今回はそのようなセフレの作り方を説明していくことにします。

まずは簡単に私のスペックです。年齢は50歳、職業は自営業でWeb系の仕事をしています。顔は悪い方ですが身長が175cmあるので、背は低い方ではないと思います。

そんな私がセフレをゲットする方法を以下で紹介していきます。

出会い系で援交相手を見つけてセフレにする方法

私がセフレをゲットするために利用しているのは出会い系サイトです。主に利用しているのはワクワクメールとハッピーメールです。この両者は出会い系業界で最大手の2社となります。この2社が日本の出会い系業界をずっとリードしてきたので、運営もしっかりしていて安心して利用することができます。

それで、この2つのサイトで女の子をどうやってゲットしているのかというと、割り切り、つまり援助交際の関係です。

ちなみに、成人女性との援助交際は罰則がないので罪に問われることはありません。この辺りのことは「成人 援助交際 弁護士」で検索して確認してみてください。多くの弁護士の方がネット上で質問に回答をしています。

罰則がないといっても完全に合法というわけでもないので、各出会い系サイトはある程度露骨にならないように規制しているようです。以前は割り切りという言葉もサイト内で堂々と使えたのですが、最近では大人の関係とか大人の交際という言葉に徐々に置き換わってきています。ですから、こういう言葉をプロフィール欄で使ってる女性を見れば、ほとんどの確率で、「金銭的な援助をしてもらえるなら身体までOKですよ」、ということになります。

もちろん、大人の関係と書いていなくても、実際は援助交際を受け付ける女性もそれなりにいます。その辺のことは出会い系サイトに慣れてくると、だんだんわかってくるようになります。

援助交際に関しては、抵抗のある方もいるでしょうが、実際問題として考えて、例えば45歳の男性が22歳の女性と恋愛関係になるというのは不自然・・・というよりほとんど不可能です。しかし、援助交際のセフレという関係ならば、こういったことは世間では普通にあることで、若い女性をゲットするのはそれほど難しいことではありません。

セフレにする女の子を選び出す方法

出会い系でセフレを見つけるのにとても大切なことは、いい女性を見分ける方法です。

そのために覚えておきたいのは、いわゆる業者と呼ばれる援デリ業者が派遣してくる女性を避けることです。業者はワクワクメールでもハッピーメールでも運営側が厳しく取り締まっています。その特徴としては、まず、プロフィール欄やメールの文面が、女性なのにやたらと卑猥な言葉が並んでいるという点があります。また、プロフィール欄の記述が異様に長い、どことなく、文章の言い回しがが男性っぽいといった特徴もあります。それと、援デリ業者はどんどんメールを送りつけてきますが、女性の元からいきなりメールが来るということは通常、あまりないのでそういうメールは基本的には無視して、自分の方からメールを送ってアプローチした方が良いでしょう。

女の子を選ぶ際に重要なのが写真です。写真の無い女の子だと、会ってから落胆する確率が高くなります。ですので私の場合、極力写真のある女の子から選ぶことにしています。写真は1枚だけだと、ネットに落ちているアイドルの画像などをそのまま貼り付けて偽装していることもあるので、女の子が書いている日記などをチェックして、複数の写真を確認するのも大切なことです。

ワクワクメールの場合は行けそうだと思ったら、次にその女性をワクワクDBで調べ上げます。ワクワクDBとは、ワクワクメールの会員が自分の会った人の感想を書き込んでいる情報サイトで、ワクワクメールと直接の関係はありません。しかし、ワクワクDBがあると、会う女性を選択するのにかなり便利です。ただし、ワクワクDBは一般人が書き込んでいるものなので100%の信憑性はありません。その辺りは五感を働かせてください。ただ、私が使ってみた感想では、結構当たってると思っています。ワクワクDBでいい書き込みが何件も並んでると、たぶん大丈夫だろうと私は判断しています。

ちなみに、ハッピーメールにはこういうものがないので、一か八かの勝負となる点が少し辛いですが、ハッピーメールには女性会員が多数いるので、こちらも無視することはできません。

メールのやり取りは簡単

そして、出会いたい女性が決まったら、こちらからメールを送ります。普通に挨拶し条件を聞いて双方が納得できればそれで会えることになります。援交なので口説きみたいな手間のかかることはありません。条件に関しては、自分の方から希望の条件を提示しても良いし、相手の希望の条件を聞いてもどちらでも良いでしょう。相手の提示額に納得ができなければ交渉してもOKです。ただし、あまり値切ると、せこいと思われて出会いを断られる可能性もあります。

相場としては、20代半ばぐらいまでの女性だと2万円を要求することも多いです。それ以上の年代なら15000円が多いですが、1万円で受ける女性もかなりいます。よく分からなければ基本は15000円と頭に置いておけば良いでしょう。ホテル代などもこちらが払います。

援交の関係からセフレの関係に

援助交際なので交渉が成立すれば確実に合えます。

そして私が注意しているのは、肉体関係が終わった後、上手く愛人関係に持ち込んで行く、という点です。普通の恋愛関係の場合はまず仲良しになってから、肉体関係になるというのが通常でしょう。しかし、私の場合はまず、肉体関係から始まって、そこからだんだん恋人っぽい愛人関係にしていくという方法をとっています。

その方法とは、割り切りで会った女性と色々おしゃべりして趣味などを聞き出し、例えば、食べ歩きが好きとか旅行が好きというならば、そういう話題を振ってみて、食いついてきたら誘います。

ちなみに、旅行や食べ歩きにかかる費用はこちらが持ちますが、基本的に女の子に金を払うことはありません。交通費として2000円ぐらい払うことはありますが、そうやってだんだん普通の恋人みたいな関係にしていきます。ただ、このあたりのことは性格が合えば自然とそうなっていくので、それほど難しいことでありません。

要するに、最初、肉体関係から入って、だんだん恋人っぽい関係に変化させていくということで、世間一般の恋愛関係とは反対のパターンというだけのことです。

感度のいいポチャの子とのセフレ板件

私はこうやって何人ものセフレをゲットしてきました。その中でも一番美人だった女の子は、顔は誰が見ても文句なしの美人でした。ただし太ってました。デブの美人でした。

彼女は職業は何をやっているのかよく分かりません。もしかしたら割り切りだけで生活していたのかもしれません。

そして、彼女とのセックスに関しては、彼女ははっきりいって好き者でした。出会い系女性は比較的好き者の女性が多いです。だから、結構本気で感じてくれるところがなかなか嬉しいです。一般女性は性欲の薄い女性も多いので、こういったところは出会い系女性の良いところです。

この彼女も毎回セックスすると乳首を勃起させて、下の方はびしょびしょに濡らして感じてくれています。自分でも、私エッチが好き、とはっきりいっています。

ただ、しょっちゅう援交ばかりしていると、こちらのお金も続かないので、飲みに行く時に一緒に誘ったり、日帰りの小旅行に誘ったりして、キャバ嬢の同伴みたいな感じにすればお金もかからないので、楽しい関係が続けられています。

こんな具合に、出会い系サイトを使ってセフレを見つける、というのは、わすかなお金を使えば、イケメンじゃなくても誰でもできることです。経験を積むにつれて、だんだんいい女性がゲットできるようになってくるので、一人や二人の女性で諦めたりせず、何人もの女性にアプローチしてみてください。

-セフレの作り方

Copyright© セフレ募集掲示板でセフレの作り方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.