なぜ飲むだけで日焼け止めを予防できるの?そのしくみとは

紫外線をブロックするのであれば、やっぱり目に見えて肌につけられる日焼け止めの方が分かりやすいですね。
飲む日焼け止めだと、いくら効果がある成分を使っているとしても、経口摂取では体の中でどのように働くか見えないので、本当に日焼け止めができるか不安です。

 

日焼けというのは、紫外線によって皮膚が炎症を起こしたり、メラニン色素が大量に作られて沈着することで起こります。ただ、こういった症状が起こっているのは皮膚の外側だけではありません。

まず皮膚の炎症ですが、これは皮膚で起こるものの、ダメージは内側まで広がっていて細胞を傷つけています。メラニン色素の生成は、メラノサイトという色素細胞とチロシナーゼという酵素によって行われていますし、沈着するのは皮膚の奥の真皮層です。
日焼けというと表面のケアに重点を置いてしまいがちですが、実は皮膚の表面よりも内部の方が紫外線のダメージを受けているのです。

 

 

飲む日焼け止めには、肌の内部で起こっている炎症を鎮めたり、メラニンの生成を抑制する成分が配合されています。そもそも塗る日焼け止めは塗る使うときには目に見えますが、汗をかいたりタオルや衣服でこすったらすぐに落ちてしまいますし、日焼け止め成分が入っていても肌の内部に浸透するわけではないので、はっきり言ってきちんと日焼け止め効果が続いているか分かりません。

一方飲む日焼け止めなら有効成分が何にも邪魔されず体内をめぐり、必要な部分で働くしくみになっているので、塗るタイプよりも効果的な紫外線対策ができるのです。