飲む日焼け止めで得られるUVカット以外の嬉しい効果について

体の内側から、しっかりとUVカットができる飲む日焼け止めは、塗るタイプの日焼け止めと違って汗などで落ちる心配もなく、塗りにくい部分もちゃんとカバーできます。
これだけでも手軽に使えて嬉しいですが、他にも嬉しい効果があります。

 

それは、女性にとって一番嬉しい美肌効果です。商品によって配合されている成分に違いはありますが、ほとんどの飲む日焼け止めには美容成分が配合されています。

ビタミンやミネラルはもちろん、プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸、リコピンなど美容液と同じような成分が入っているものもあります。
日焼け止めにこういった成分が必要なのか、と思うかもしれませんが、紫外線に対抗するためには肌が健康でなくてはいけません。どんなにUVカット効果が高い成分を摂取しても、ハリや弾力がなかったり、水分を保持する機能が衰えていたりする肌では、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。そこで、飲む日焼け止めは美容成分を配合して、UVカットをしながら肌を健康に美しくする効果が得られるようにしているのです。

 

また、飲む日焼け止めは肌に負担をかけることなくUVカットできます。塗るタイプの日焼け止めというのは、UVカット効果が高いものほど肌にかかる負担が大きいため肌の老化を促進してしまいます。

飲む日焼け止めは、UVカット効果が高い成分を配合していても肌に余計な負担をかけることがないので、肌老化が促される心配もありません。トラブルを起こすことなくUVカットできて、さらに美容成分を摂取できるので、飲む日焼け止めはアンチエイジング効果も期待できるのも魅力ですね。