話題の飲む日焼け止めとは?知っておくべき使いやすさや効果

日焼け対策というと、日焼け止めを塗るのが主流でしたが、最近は傾向が少し変わってきて飲む日焼け止めが人気になっています。
日焼け止めも進化していて、より強力に紫外線をブロックできる商品が開発されていますが、その分肌への負担が大きくトラブルも起こりやすいです。そのため、肌に負担をかけないのはもちろん、肌を強くして健康にする効果もある飲む日焼け止めが注目されているのですね。

 

飲む日焼け止めとは、紫外線を吸収する成分や抗酸化物質、活性酸素を取り除く効果がある成分が配合されたサプリメントです。

食べ物でも、抗酸化作用が高いいちごやりんご、リコピンが含まれているトマトなどは紫外線対策に効果的と言われていますが、飲む日焼け止めはこういった食べ物に含まれる紫外線に有効な成分をバランスよく配合しています。つまり食べ物よりも効率よく紫外線をブロックしたり、紫外線によるダメージを防ぐ効果が期待できるのです。

 

 

それでも、塗る日焼け止めの方が目に見えるので使いやすいという方もいるかもしれませんが、実は飲む日焼け止めの方が使いやすいのです。

塗るタイプの日焼け止めは、汗や皮脂などで落ちてしまうので、こまめに塗り直さなくてはいけません。また、塗ってすぐはべたつくので、化粧直しもしづらいですし、洋服につくのも気になってしまいます。
飲む日焼け止めは、当然ですが飲むだけですからとても手軽ですし、サプリメントなので持ち運びも簡単です。もちろん外側からケアするが悪いわけではないものの、使いやすさと効果を比べれば、これからは飲む日焼け止めで紫外線対策をするのが主流になっていくでしょう。